絵描き忠田愛の旅の記録。出会ったものたち。感じたこと。旅行記をゆっくり更新中。
by ai-viaggio
カテゴリ
全体
お知らせ
'09Italia-Firenze
'09Italia-Firenze近郊
'09Italia-Venezia
'09Italia-Trieste
'09Italia-Lecce
'09Italia-Otranto
'09Italia-A.bello
'09Italia-L.tondo
'11France-Paris
'09Italia-Matera
'13Holland-Ams
'13Italia-Venezia
'13Italia-Urbino
'15北海道
未分類
以前の記事
2015年 10月
2015年 09月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 06月
2010年 03月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
フォロー中のブログ
太陽ヲ貴方二 ...
地中海と砂漠のあいだ  
Change by Gr...
毒食わば皿まで
イタリアでの徒然なモノ…
私 と 消 え た 日 ...
クロアチアの碧い海の夢
フレスコ画研究所 バステ...
トスカーナ 「進行中」 ...
RED GLOBE
■工房 YUSA
ふりつもる線
Life is a tr...
r-photo
石のコトバ
O, Sancta si...
r-note
A motif
ラグーザに流れるもの
コッツウォルズ・カントリ...
ROSASOLIS
偽の女庭師
京都大原アトリエNORI革日記
鳥人の翼 In orde...
daily life a...
日々の皿
スカラベの晩餐
メモ帳
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Chiesa di S. Pietro

a0135633_1601112.jpg

a0135633_1603225.jpg
S.Pietro周辺


オートラントに来たかったのは海もそうだけれど、何かの雑誌でみたある教会が心に留まり、足を運んでみたかったからだった。
路地を抜け、小さな広場にあらわれたサンピエトロ教会は予想していたよりも小さく、あたたかだった。内陣のフレスコは剥落しているも、鮮やかな色を残しており、顔の表情はもう見てとれない聖母子は全体をもってどこまでもやわらかく空間を抱いているようだった。

海の季節が過ぎれば人の波は一気に引き、きっとどこか寂しく静かな町であろうオートラント、決して裕福ではない素朴なこの土地にふかく根をおろしていると感じた、忘れられぬ石の教会。

a0135633_160563.jpg

a0135633_1623297.jpg

a0135633_1625757.jpg

a0135633_1674227.jpg
[PR]
by ai-viaggio | 2010-03-03 16:06 | '09Italia-Otranto
<< Alberobello Otrantoの海 >>