絵描き忠田愛の旅の記録。出会ったものたち。感じたこと。旅行記をゆっくり更新中。
by ai-viaggio
カテゴリ
全体
お知らせ
'09Italia-Firenze
'09Italia-Firenze近郊
'09Italia-Venezia
'09Italia-Trieste
'09Italia-Lecce
'09Italia-Otranto
'09Italia-A.bello
'09Italia-L.tondo
'11France-Paris
'09Italia-Matera
'13Holland-Ams
'13Italia-Venezia
'13Italia-Urbino
'15北海道
未分類
以前の記事
2015年 10月
2015年 09月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 06月
2010年 03月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
フォロー中のブログ
太陽ヲ貴方二 ...
地中海と砂漠のあいだ  
Change by Gr...
毒食わば皿まで
イタリアでの徒然なモノ…
私 と 消 え た 日 ...
クロアチアの碧い海の夢
フレスコ画研究所 バステ...
トスカーナ 「進行中」 ...
RED GLOBE
■工房 YUSA
ふりつもる線
Life is a tr...
r-photo
香水月季
石のコトバ
O, Sancta si...
r-note
A motif
ラグーザに流れるもの
コッツウォルズ・カントリ...
ROSASOLIS
偽の女庭師
京都大原アトリエNORI革日記
鳥人の翼 In orde...
daily life a...
日々の皿
スカラベの晩餐
メモ帳
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

トラゲット

昔と比べると、ヴェネツィアの水上交通、ヴァポレットやゴンドラの料金はほんとうに高くなった。ヴァポレットは1時間7Euro(1000円弱)、24時間20Euro(3000円弱)。
観光用のゴンドラは40分で80〜100(10000〜14000円)Euro位だという。
今回はヴァポレットの2日券を買い、その2日の間に遠くをまわり、後はすべて徒歩で島中を歩き回った。長く歩くと、また膝の調子が悪くなり橋の登り降りに苦労したけれど、自分の足だけをつかって朝から晩まで歩くということは本当におもしろい。すこしずつ、すこしずつヴェネツィアがかたちを結んでゆく。
本屋さんで、小さな通りまでヴェネツィアを細かく網羅している地図を手に入れ、人通りの少ない路地裏を選びながら毎日よく歩いた。それでも、今まで歩いたことのなかった美しい通りがまだまだあることに何度も驚いて。

ヴェネツィアの水路をゴンドラが行き交うのを見ると、それは観光用であっても胸がときめく。なんといっても形が素敵だ。そして音もなくしずかに水面を滑るのがいい。石造りの建物に反響する、櫂を操るときの木擦れの音は、ずっとふるい時代につながっているかのようだ。
観光用のゴンドラは値がはるので難しいけれど、トラゲット(渡し舟)を使えばゴンドラに乗ることができる。ヴェネツィアの大運河には橋が4つあるが、それ以外の場所で向こう岸に渡りたい人のために何カ所か渡し舟があるのだ。向こう岸まで2分ほどの短い舟旅だけれど、トラゲットは生活に根ざしたゴンドラで澄ましていないのがいい。向こう岸まで2Euro。原始的な左右の揺れは、水を渡るということに なんて真摯なんだろう。

a0135633_22172187.jpg


a0135633_2218222.jpg


a0135633_22182870.jpg


[PR]
by ai-viaggio | 2013-11-05 22:52 | '13Italia-Venezia

街あるき

a0135633_2212088.jpg


a0135633_22123378.jpg


a0135633_2213727.jpg


a0135633_22133094.jpg


a0135633_2214656.jpg


感じていることや匂い、音、
あとで見たときに、より近い感覚に戻れるのは白黒の写真のほうだなあ。
[PR]
by ai-viaggio | 2013-11-05 22:16 | '09Italia-Venezia

トルチェッロ

a0135633_018234.jpg


a0135633_0192528.jpg


a0135633_0203642.jpg


ヴェネツィア本島からヴァポレットで約一時間。
今回もトルチェッロ島へ。
何があるという訳でない。
教会までつづく長い一本道、道に沿って何軒かのトラットリアがあるけれど
バカンスシーズンを終え閑散としている。
それ以外はただただ、湿地と野原があるだけ。

小雨が降っていて寒い。

何があるという訳でないけれど だから
ヴェネツィアに行くと、トルチェッロに行きたくなる。
ヴェネツィア共和国はかつてトルチェッロからはじまった。

5世紀頃のこと、フン族から逃れるため本土の人々はラグーナにあるトルチェッロに逃れ、湿地を開拓し、干潟を固め、住むことを決めた。そして、ヴェネツィア共和国が誕生し、ここは都の中心となった。そのあと、中心はより安全なリアルト(現ヴェネツィア本島)へと変わったのだ。
時の流れの不思議。

トルチェッロの教会がとても好きだ。
樹のようにトルチェッロに根を生やし、黙って微笑んでいる。
変わらない。
塔の修復工事は四年前もしていたけれど一体いつ完成するのだろう。
ひとつ変わったことは、島の猫たちのために二つ小屋ができていたこと。

a0135633_1122345.jpg

[PR]
by ai-viaggio | 2013-11-02 01:08 | '09Italia-Venezia