絵描き忠田愛の旅の記録。出会ったものたち。感じたこと。旅行記をゆっくり更新中。
by ai-viaggio
カテゴリ
全体
お知らせ
'09Italia-Firenze
'09Italia-Firenze近郊
'09Italia-Venezia
'09Italia-Trieste
'09Italia-Lecce
'09Italia-Otranto
'09Italia-A.bello
'09Italia-L.tondo
'11France-Paris
'09Italia-Matera
'13Holland-Ams
'13Italia-Venezia
'13Italia-Urbino
'15北海道
未分類
以前の記事
2015年 10月
2015年 09月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 06月
2010年 03月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
フォロー中のブログ
太陽ヲ貴方二 ...
地中海と砂漠のあいだ  
Change by Gr...
毒食わば皿まで
イタリアでの徒然なモノ…
私 と 消 え た 日 ...
クロアチアの碧い海の夢
フレスコ画研究所 バステ...
トスカーナ 「進行中」 ...
RED GLOBE
■工房 YUSA
ふりつもる線
Life is a tr...
r-photo
香水月季
石のコトバ
O, Sancta si...
r-note
A motif
ラグーザに流れるもの
コッツウォルズ・カントリ...
ROSASOLIS
偽の女庭師
京都大原アトリエNORI革日記
鳥人の翼 In orde...
daily life a...
日々の皿
スカラベの晩餐
メモ帳
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:'09Italia-Lecce( 1 )

Lecce

ヴェネツィアからレッチェへの移動は過酷だった。
朝8時過ぎにヴェネツィアを出発し、レッチェ着は19時頃。
何度かの乗り換えを経てとにかくひたすら電車に揺られ続けた一日。
しかも、電車の切符をとるのが遅かった私たちは一等料金の切符で席なし(もしどこかの席が空けばどこでも座っていいという条件で)という状態。南へ下るバカンスシーズンの列車は笑顔の人でひしめき合っており、席が空くということはほとんど無く、私たちは大半を列車の連結付近で過ごすこととなった。
それでも、列車が南下するに従って、時々左手に見えるアドリア海の青さと眩しい光に心が踊り、レッチェに着く頃にはヴェネツィアの感傷は遠くなっていた。
イタリアの北、中部と南、その空気の違いに改めて驚く。

a0135633_14563742.jpg

a0135633_14564640.jpg

[PR]
by ai-viaggio | 2010-03-03 14:57 | '09Italia-Lecce