絵描き忠田愛の旅の記録。出会ったものたち。感じたこと。旅行記をゆっくり更新中。
by ai-viaggio
カテゴリ
全体
お知らせ
'09Italia-Firenze
'09Italia-Firenze近郊
'09Italia-Venezia
'09Italia-Trieste
'09Italia-Lecce
'09Italia-Otranto
'09Italia-A.bello
'09Italia-L.tondo
'11France-Paris
'09Italia-Matera
'13Holland-Ams
'13Italia-Venezia
'13Italia-Urbino
'15北海道
未分類
以前の記事
2015年 10月
2015年 09月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 06月
2010年 03月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
フォロー中のブログ
太陽ヲ貴方二 ...
地中海と砂漠のあいだ  
Change by Gr...
毒食わば皿まで
イタリアでの徒然なモノ…
私 と 消 え た 日 ...
クロアチアの碧い海の夢
フレスコ画研究所 バステ...
トスカーナ 「進行中」 ...
RED GLOBE
■工房 YUSA
ふりつもる線
Life is a tr...
r-photo
香水月季
石のコトバ
O, Sancta si...
r-note
A motif
ラグーザに流れるもの
コッツウォルズ・カントリ...
ROSASOLIS
偽の女庭師
京都大原アトリエNORI革日記
鳥人の翼 In orde...
daily life a...
日々の皿
スカラベの晩餐
メモ帳
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:'13Holland-Ams( 1 )

アムステルダム

10月5日関空からアムステルダム経由でヴェネツィアへ。
国の約4分の1が干拓地だというオランダは空からその地形を見ただけでも不思議だ。
農地の間を水路が柔軟に行き交い、池のようなちいさな水溜まりにも小舟が浮いている。
上空から見ると、まるで積み木のような家が羊と共に平地に散りばめられている。
それはさながら絵本を開いた時の感覚、万華鏡をのぞいたような世界。


アムステルダムでトランジットが5時間あったので、ただ空港で待ち時間を過ごすのはもったいないと市内へ繰り出す。

a0135633_22252071.jpg


a0135633_22254936.jpg


降り立ってみると、そこは船と自転車の世界だった。
絵本から抜け出してきたような家が川縁に並び、人々が昼間からビールを片手にのんびり過ごしている。
河岸にはたくさんの自転車。
水路からの風景を見てみたくて運河クルーズへ。

a0135633_22304118.jpg

a0135633_22282611.jpg

a0135633_2229127.jpg



アムステルダム中心。
a0135633_22292720.jpg


a0135633_223168.jpg


町中は若者の喧噪、そして少し危ない香り。
[PR]
by ai-viaggio | 2013-10-17 22:36 | '13Holland-Ams