絵描き忠田愛の旅の記録。出会ったものたち。感じたこと。旅行記をゆっくり更新中。
by ai-viaggio
カテゴリ
全体
お知らせ
'09Italia-Firenze
'09Italia-Firenze近郊
'09Italia-Venezia
'09Italia-Trieste
'09Italia-Lecce
'09Italia-Otranto
'09Italia-A.bello
'09Italia-L.tondo
'11France-Paris
'09Italia-Matera
'13Holland-Ams
'13Italia-Venezia
'13Italia-Urbino
'15北海道
未分類
以前の記事
2015年 10月
2015年 09月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 06月
2010年 03月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
フォロー中のブログ
太陽ヲ貴方二 ...
地中海と砂漠のあいだ  
Change by Gr...
毒食わば皿まで
イタリアでの徒然なモノ…
私 と 消 え た 日 ...
クロアチアの碧い海の夢
フレスコ画研究所 バステ...
トスカーナ 「進行中」 ...
RED GLOBE
■工房 YUSA
ふりつもる線
Life is a tr...
r-photo
香水月季
石のコトバ
O, Sancta si...
r-note
A motif
ラグーザに流れるもの
コッツウォルズ・カントリ...
ROSASOLIS
偽の女庭師
京都大原アトリエNORI革日記
鳥人の翼 In orde...
daily life a...
日々の皿
スカラベの晩餐
メモ帳
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


月の庭

a0135633_19500436.jpg

霧多布(アイヌ語のキータプ〈茅を刈るところの意〉に漢字をあてている)はその字の通り、霧の町だった。
あたりが暗くなりはじめた頃、白いベールのような霧の布が海からゆっくりと流れ込み、その帯は瞬く間に町を包み込んだ。
雨は次第に勢いを増し、やがて稲光と共に雷鳴が闇を揺らす。
宿の人が停電に備えて懐中電灯を探している。
屋根を打つ雨音がすぐそばに聴こえる。
太平洋と湿原の間にぽつんと佇む小さな宿は、嵐のなかを航海する一艘の舟のようでとても素敵だった。
布団のなかに潜って、浴びるような雨を聴いていると、いつの間にか深い眠りに落ちた。

a0135633_19503907.jpg

翌日は夜の嵐が嘘のような晴れ。
霧多布湿原が青空の下できらきらと光っている。今日はここを歩くのだ。

a0135633_19484057.jpg

湿原のなかにまっすぐと伸びる道は、春国岱のそれとよく似ていた。果てしなく広い風景のなかに伸びてゆく道の前に立つ度にまっさらな気持ちになる。

a0135633_19493249.jpg

湿原はすっかり秋だった。(この日は9月3日)
ススキ、サワギキョウ、ノコギリソウ、エゾフウロ、チシマアザミ、ミゾソバにエゾリンドウ。
お月さまの庭のように透きとおった野を 風がゆっくりと渡っていく。
a0135633_19485611.jpg

a0135633_19491377.jpg
ツリガネニンジン

a0135633_19494675.jpg
木道終点の展望所に出ると嬉しい出会いが待っていた。
タンチョウのつがいだ。渡ってくるにはまだ早すぎるので、居着きのタンチョウだと思う。
細長い首に赤い帽子、白い羽根に墨をつけたような黒が潔くて、優美だ。
時々、水辺に嘴を差しこんで小魚らしきものを食んでいる。
やわらかな動作で首をもたげて、時々もう一羽の様子を振り返る。
湿原には、タンチョウの刻む時間がゆったりと流れていた。


[PR]
by ai-viaggio | 2015-10-12 22:18 | '15北海道
森と海のあいだ >>