絵描き忠田愛の旅の記録。出会ったものたち。感じたこと。旅行記をゆっくり更新中。
by ai-viaggio
カテゴリ
全体
お知らせ
'09Italia-Firenze
'09Italia-Firenze近郊
'09Italia-Venezia
'09Italia-Trieste
'09Italia-Lecce
'09Italia-Otranto
'09Italia-A.bello
'09Italia-L.tondo
'11France-Paris
'09Italia-Matera
'13Holland-Ams
'13Italia-Venezia
'13Italia-Urbino
'15北海道
未分類
以前の記事
2015年 10月
2015年 09月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 06月
2010年 03月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
フォロー中のブログ
太陽ヲ貴方二 ...
地中海と砂漠のあいだ  
Change by Gr...
毒食わば皿まで
イタリアでの徒然なモノ…
私 と 消 え た 日 ...
クロアチアの碧い海の夢
フレスコ画研究所 バステ...
トスカーナ 「進行中」 ...
RED GLOBE
■工房 YUSA
ふりつもる線
Life is a tr...
r-photo
香水月季
石のコトバ
O, Sancta si...
r-note
A motif
ラグーザに流れるもの
コッツウォルズ・カントリ...
ROSASOLIS
偽の女庭師
京都大原アトリエNORI革日記
鳥人の翼 In orde...
daily life a...
日々の皿
スカラベの晩餐
メモ帳
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


さくらの滝

摩周湖斜里線を神の子池から清里方面へ走ると、さくらの滝という小さな看板。
矢印の方向へ曲がり農道をどんどん奥へ進んでいくと、滝音が近くなってくる。
ひらけた空き地に車を停め、樹々の間を降りると目の前の風景に息を呑んだ。
a0135633_17171310.jpg

サクラマスだ。
自分の体長のおそらく7倍以上の高さの滝に向かって必死にジャンプを繰り返している。5秒に一回ほど黒い(時に赤い)姿態が宙に舞う、その度に思わず拳をにぎりしめる。
あるものは瀑布にはじき飛ばされ、あるものは滝壺に巻かれて飛ぶことができない。
それでも、彼らは決してあきらめることなく、ただただ滝に向かって身体を躍らせつづける。
a0135633_17214788.jpg
川で生まれ育ったヤマべたちは海へ出てサクラマスとなり、毎年この川には産卵のために約3000匹のサクラマスが遡上するという。滝登りに成功して、より上流で産卵できるサクラマスは全体の1割にも満たない。それでも、彼らは身体がボロボロになるまで滝登りをやめない。
あきらめるあきらめないではなく、結果がどうこうではない。それは、すこしでも上流で産卵するという生命の意志であり、種の思惑だ。
サクラマスがサクラマスを生きる。
上流へ進むことを決して疑わない、
ただ一直線の生命の圧倒的な強さがそこにはあった。
a0135633_17221182.jpg

a0135633_17223161.jpg


[PR]
by ai-viaggio | 2015-09-07 18:15 | '15北海道
<< 斜里岳 しじまの星 >>