絵描き忠田愛の旅の記録。出会ったものたち。感じたこと。旅行記をゆっくり更新中。
by ai-viaggio
カテゴリ
全体
お知らせ
'09Italia-Firenze
'09Italia-Firenze近郊
'09Italia-Venezia
'09Italia-Trieste
'09Italia-Lecce
'09Italia-Otranto
'09Italia-A.bello
'09Italia-L.tondo
'11France-Paris
'09Italia-Matera
'13Holland-Ams
'13Italia-Venezia
'13Italia-Urbino
'15北海道
未分類
以前の記事
2015年 10月
2015年 09月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 10月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 06月
2010年 03月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
フォロー中のブログ
太陽ヲ貴方二 ...
地中海と砂漠のあいだ  
Change by Gr...
毒食わば皿まで
イタリアでの徒然なモノ…
私 と 消 え た 日 ...
クロアチアの碧い海の夢
フレスコ画研究所 バステ...
トスカーナ 「進行中」 ...
RED GLOBE
■工房 YUSA
ふりつもる線
Life is a tr...
r-photo
香水月季
石のコトバ
O, Sancta si...
r-note
A motif
ラグーザに流れるもの
コッツウォルズ・カントリ...
ROSASOLIS
偽の女庭師
京都大原アトリエNORI革日記
鳥人の翼 In orde...
daily life a...
日々の皿
スカラベの晩餐
メモ帳
ライフログ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Bacaro vol.1

ヴェネツィアで今回絶対したかったのがバーカロ巡り。バーカロとはヴェネツィア独自の立ち飲み居酒屋で、カウンターのチケッティ(小皿料理やパンの上に惣菜がのっているおつまみ)をつまみながら安価にヴェネツィアワインを楽しめるのだ。
雰囲気は日本でいうガード下の居酒屋と言えばいいだろうか。
バーカロは大体朝から開いていて、地元のおじさんたちがたむろしながらワインを一杯、二杯ひっかけ、仕事のあいまに(仕事してるのか!?)世間話をしては渡り鳥のように次の店に消えてゆく。

一軒目はアカデミア近くの古き良きバーカロ gia schiavi。
フランスパンの上に小エビのマリネ、マスカルポーネにフルーツ、アーティーチョークやトリュフが載っているチケッティはどれもすばらしく美味しい。大体1.5Euro前後。ワインも1杯同じくらいの値段。
トラットリアとの、なんたる値段の違い!
さて、ヴェネツィアにはフラゴリーノというワインがある。野いちごのような香りがする甘口の微発砲ワインで、赤白両方ある。アルコール度数が低く、イタリアのワイン法では製造が禁止されている密造酒なのだけれど、ヴェネツィアではこっそりと飲むことができるのです。
個人的にはプロセッコの方が好きだけれど、店員さんが奥のほうからラベルなしの、いかにもな瓶を取り出して注いでくれるのは、何だか特別でドキドキしてしまう。

a0135633_22342784.jpg


a0135633_22345137.jpg


a0135633_2235372.jpg

[PR]
by ai-viaggio | 2014-02-17 22:37 | '13Italia-Venezia
<< Bacaro vol.2 IMAGO MUNDI >>